So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」感想ネタバレ注意! [映画]

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」感想ネタバレ注意!

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の
(福士蒼汰、小松菜奈主演)

感想ネタバレを紹介しています。


映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」ですが、
(福士蒼汰、小松菜奈主演)


感想をひとことで言うと、切ない!切なすぎ!


もうシチュエーションだけで泣けます!


まず、小松菜奈、福士蒼汰ファンであれば絶対見るべき。


わたくしは、小松菜奈ちゃんの大ファンなので、


迷いなく観に行きましたが


観て大正解!(嬉)


小松菜奈ちゃんの美しさ・・・何度見とれたことか。


相変わらず透き通るような白い肌!きらきらな瞳!


あんな顔に生まれてたら・・・とか思ったり(笑)


福士蒼汰くんもやはり安定的にかっこよかった!

スポンサーリンク



映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」あらすじ※ネタバレあり注意!


福士蒼汰演じる南山高寿(みなみやま たかとし)、小松菜奈演じる福寿愛美(ふくじゅ えみ)。


ほぼこの二人のシーンで物語は進みます。


物語の舞台は京都。


電車の中、高寿はある女性に目が止まる。


窓際に立ち、本を読んでいる女性。それが福寿愛美。


高寿は愛美に一目惚れをしてしまう。


電車を降りたあと、高寿は愛美を追いかけ呼び止める。


一目惚れをしたことを告げ、メアドを訊きます。


しかし、愛美の答えは、なんと「携帯を持っていない」


体よく断られたと思った高寿はがっくりして去ろうとします。


悟った愛美は、「ちょっと待ってください!」と高寿を呼び止める。


「ほんとに携帯持っていないんです!」と言う愛美。


二人はその後連絡先は交換できないままだが、


高寿の「明日また会える?」の問いに、


愛美は「会える」と自信たっぷりに言う。


そして、なぜか、涙を流している愛美。


不思議に思いながらも、自分の想いが通じたことを喜ぶ高寿。


次の日、美大に通う高寿は、動物園でキリンのスケッチをしている。


なんと、そこに現れた愛美。


「(キリンの絵は)教室に貼り出されるやつだ」と、


意味不明なことを言う愛美。


愛美の提案で二人はそのあと、高寿のお気に入りという池に向かう。


5歳のころ、この池で溺れて死にかけたことを告白する高寿。


たまたま通りがかった女性が助けてくれたんだと。


その話を物憂げな表情で聞く愛美。


その夜、高寿は、愛美に「付き合ってください」と告白。


同意しながらも、なぜかここでも涙を流す愛美。


「かなり涙もろい」と愛美は自分でも告白する。


高寿と愛美は晴れて恋人同士になるが、


高寿の気がかりは、愛美がすぐ泣くこと。


はじめて手をつないだとき。初めての夜のとき。


もうひとつ高寿が不思議に思ったのが、


愛美の予知能力とも言うべき発言。


キリンの絵が教室に張り出されることを


事前に知っていた愛美。


高寿の実家のカレーの隠し味がチョコレートだと


いうことも知っている愛美。


不審におもいながらも、高寿は愛美にどんどん惹かれていき、


もはや離れがたい存在に。


毎日のようにデートを重ねる高寿と愛美。


ある日、高寿は自分の部屋に愛美が忘れていったノートをみつけてしまう。


中身を見ると、なぜか、未来の日付で書かれた日記。


「なんで未来なんだ・・・?」不思議に思う高寿。


もっと奇妙なのが、次のような記述。


「高寿30日目(私の1日目)」

「高寿29日目(私の2日目)」


どういうことだ・・・と考えを巡らせる高寿の携帯が鳴り、


出ると公衆電話から電話してきた愛美だった。


「あなたに隠していることがある。全部話すから明日教室で待ってる。


あの箱を持ってきて」と愛美は言う。


「あの箱」とは、高寿が溺れて死にかけた5歳のときに、


助けてくれて女性がその後現れて、次にあう日まで持ってて、と託された箱のこと。


次の朝、教室で待っていた愛美は驚くべき告白をする。


自分はまったく別の世界から来た人間だということ。


高寿の明日=愛美の昨日


時間軸が逆の世界から来たというのだ。


二人は5年に一回、30日しか巡り合わないということ。


今回も二人が20歳で出会い、過ごせるのはわずか30日。


次に会えるのは5年後。高寿25歳、愛美15歳。


なんと、溺れて死にかけた5歳の高寿を助けてくれたのは、


35歳の愛美だったのだ。


一方、5歳の愛美が祭りの爆発事故に巻き込まれそうになったとき、


助けた男は35歳の高寿。


あまりの現実離れした告白に混乱する高寿に、


愛美は、あの箱を出すように言う。


鍵がかけられていた箱だが、愛美は鍵を取り出し、箱を開ける。


そこに入っていたのは1枚の写真。


なんと、高寿と愛美、高寿の両親4人が、高寿の実家で撮った写真。


高寿の未来=愛美の過去 それを証明する決定的なものだった。


愕然とする高寿。


高寿はそれからも愛美とデートをするが、


高寿の中では大きな何かが失われていた。


以前愛美と過ごした幸福感はもはや味わえない。


なぜなら、こうして過ごしている時間は愛美にとっては過去の出来事。


まさしく、「ぼくは明日、昨日きみとデートする」訳です。


愛美は過去ですでに体験した出来事をただなぞっているだけ。


虚しさに耐え切れなくなった高寿は、


「辛い・・・」と言って愛美から去ってしまう。

スポンサーリンク



失意に打ちひしがれていた高寿を見て、


親友の上山(東出昌大)が、


「喧嘩でもしたか?」と声をかけると、


高寿は、「すれ違いで・・・」


上山は、夜空の月を見上げて、高寿にこう言う。


「地球と月は決して交わることない。お前たちは会えるだけいいじゃないか」


夜の帰り道、高寿は思う。そういえば、愛美はいつも泣いていた、


初めて手を繋いだ時、初めて呼び捨てで名前を読んだとき・・・


そしてハッと気付く。


そうか!あれは、愛美にとって最後の出来事だったんだ!


高寿にとって初めて手を繋いだ=愛美にとって最後に手を繋いだ


だから愛美はいつも泣いていたのか!


愛美の胸に秘めた苦しい想いに気付いた高寿は、自分のアパートに向かい走り出す。


バッテリーが切れていた携帯を急いで充電し、愛美に電話する。


「(愛美にとっての)明日、自分はひどいことを愛美にする。でも・・・乗り越えたから!」


愛美への深い愛情を取り戻した高寿。


30日間しか過ごせない二人。


残りの日々を大切に過ごす高寿と愛美。


写真にあったように、高寿は愛美を実家の両親に会わせる。


帰りのバスの中、愛美は、「素敵なご家族ね」と。


ついに高寿は、我慢してきた想いや胸につかえた気持ちを爆発させてしまう。


「なんで愛美とは家族になれないんだろう・・・」


泣き崩れる高寿。


「ごめんね・・・」と謝る愛美。


そして迎える30日目・・・二人の結末は・・・


感想&まとめ


ここまで書いていて、思い出し泣きをしてしまいました(笑)


映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を観る前は、


このタイトルからして、予告編を見てからも、


SFファンタジーを絡めた純愛もの。


そんなくらいのイメージをもって映画に臨みましたが、


浅はかな考えでしたね(笑)


もっともっと深い意味があった訳です。


ところで、映画の中盤、愛美の告白を聞いた辺りから、


わたくしは当初戸惑いました。


愛美が時間軸が逆の世界から来た、その設定はとりあえず理解できけど、


高寿の未来が愛美の過去・・・


え?どういうこと?


最初難しく感じました。


おそらく観た人は皆さん、頭をフル回転しながら


観ていたと確信してます(笑)


でも、ストーリーを追っていくとだんだん理解できます。


それに、最後は、愛美の時間軸で展開していくストーリーが


用意されてますから安心してください(笑)


それにしても、冒頭にも書きましたが、


映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は、


ひとことでいうと、とにかく切ない映画です。


だって、シチュエーションからまず切ないでしょ?


高寿の未来が、愛美の過去。


考えてみましたが、高寿も辛いでしょうが、


愛美の方が断然悲しい立場ですよね。


だって、二人の悲しい結末を知った上で高寿と会い、


いわば台本通り演じている訳ですから。


それでも愛美は、「それでも楽しい」というようなことを言ってましたね。


高寿の30日目=愛美の1日目。


愛美にとっては初対面の相手である高寿。


高寿にとっては恋人である愛美。


愛美の戸惑いは大きかったでしょう。


だって初対面の相手が恋人なのだから。


そこから段々と、


恋人→友達→見知らぬ他人


関係性が薄くなる過程を愛美は経験するわけです。


く~切ない。


小松菜奈ちゃんは、愛美という難役に、すごく悩みながら


役作りをしたらしいですが、


愛美役は、小松菜奈ちゃんしかありえない!


わたくしはそう断言します。


あと、この映画でわたくしが思ったこと。


それは、「大事な人と過ごせる幸せ」ということです。


高寿と愛美は愛し合っていながらも、


5年に1回、30日しか会えない。


それも、恋人同士で会えるのは、


実質には、お互い20歳の30日間だけです。


それと比べると、わたしたちが過ごすこの世界で出会った者同士は、


大事な人をずっと一緒にいられる。


これってめちゃ幸せなことですよね~


時に喧嘩したり、一緒にいてうざいと思うときもあっても、


会えないよりはいいです。


決してきれいごとじゃなく(笑)


映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を観て


そんなことを感じました。


映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は、


純粋に恋愛エンターテイメント作品として楽しめる映画です。


切なくて泣ける映画を探している方には特におすすめです(笑)


今回感想以上にネタバレも書いちゃいましたが、


ストーリーが分かったうえでも十分楽しめると思います。


わたくしももう一回観に行くつもりですから(笑)


福士蒼汰くんと小松菜奈ちゃんの切ない演技。。。


ぜひ映画館で観ていただきたいです!


以上、「映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」感想ネタバレ注意!」でした。


今回も最後までお読み頂きありがとうございました!


それでは失礼いたします!

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「ギャラクシー街道」感想 ※ネタバレ [映画]

映画「ギャラクシー街道」を観てきましたので感想を書きたいと思います。

結論から言うと・・・今ひとつでした(笑)

あくまで僕的にはですけど。

三谷幸喜作品ということで期待が大きすぎたのかもしれません。



ただ、劇場内では、たびたび笑いが起きていました。

特に遠藤憲一さんの出産シーンが一番爆笑をとっていましたね。

だってその設定だけで笑いが出ちゃいますよね(笑)

スポンサーリンク



ネットでの反応はこんな感じです。

SMAPの香取慎吾くんが
10/24、主演映画
「ギャラクシー街道」の
公開初日舞台あいさつを行っています!
https://t.co/Qqd2mwNT8w

ジャニーズアルティクロス @johnnysrnk 2015-10-25 23:00:25

ギャラクシー街道は『笑いを作る』ということに関して色々考えさせられる映画だった。帰ってシャワー浴びたらそのことについてツイートします。

東北在住 @sleeve_pear 2015-10-25 22:59:48

「ギャラクシー街道」酷評されてるけどそんなひどいんだろうかWWWW

ハヤノスケ @Hayaaaase 2015-10-25 22:59:40

三谷幸喜の作品はあまり好みではないのだけれど、ギャラクシー街道は怖いもの見たさがある……あんだけ酷評されると逆に気になってくる天邪鬼

なぎ @nagoooo09 2015-10-25 22:59:27

悪く言われ過ぎて逆に見たくなる心理って本当によくわからん。 / 他67コメント https://t.co/RW9Q3Zdkln “「『ギャラクシー街道』は観るな」YU@Kさん深夜の慟哭 - Togetterまとめ” https://t.co/iJ8qTuJPn6

hamatsu @hamatsu 2015-10-25 22:58:59

見に行きたい映画φ(..)
図書館戦争
マイインターン
ギャラクシー街道(土曜日予定)

さて、どっちから行くかな

りえごん。 @riegon7 2015-10-25 22:58:52

ギャラクシー街道みてきた。
T.M.Revolution西川貴教主演だった(笑)

なおちん○ @paraten69 2015-10-25 22:58:52

ギャラクシー街道とは花のスター街道だった……?

fled @flednought 2015-10-25 22:58:51

ギャラクシー街道は演劇好きなら楽しめるタイプだと思うし三谷幸喜らしい感じだったし、そのへん好きなのにこれはダメだった人は何がダメだったのか教えてほしいな~。煽りとかじゃなくて、純粋に気になる。あんまり舞台とかには詳しくないから、あそこに何か NG ポイントがあるのかどうかとか。

105(tenfive) @105ws 2015-10-25 22:58:50

【ギャラクシー街道】誇大広告みたいな予告に騙された。眠くなる映画のオススメ(笑)

けだまっち @siobaba 2015-10-25 22:58:44

ジョンウィック観た。ギャラクシー街道見終わった直後は、俺は今夜もう笑えないんじゃないかとヒヤヒヤするほど心が冷えていたが、ジョンウィックが殺しで温めてくれたよ。最後のあたりゲラゲラ笑ってた。

東北在住 @sleeve_pear 2015-10-25 22:58:35

映画『ギャラクシー街道』 ★★2.0点。 このレビューはネタバレを含みます https://t.co/AY87ezqTCJ #Filmarks #映画 #ギャラクシー街道

前田 祐希 @datch_maeda 2015-10-25 22:58:29

ギャラクシー街道の破壊力やばそう

あんころ @ancr___ 2015-10-25 22:58:18

ギャラクシー街道見てきた、西川ちゃんの役が可愛かった(笑)

おかもと☞11/6挫・人間 @Kozi_69 2015-10-25 22:58:13

@415Yushi ギャラクシー街道まじでうけんかった笑

木下 雄太 @johnieldu10 2015-10-25 22:58:12


あらすじ


物語は、宇宙にあるハンバーガーショップが舞台。

そのハンバーガーショップを経営しているのはノア(香取慎吾)、その妻のノエ(綾瀬はるか)。

ギャラクシー街道.jpg

その店に来店する、一風変わった地球人や宇宙人が織りなす出来事をユーモアたっぷりに描いている作品。

物語の舞台はその店だけです。他に移動することはありません。

とりわけ大きな事件が起きるわけでもなく、淡々とその店に訪れる人(宇宙人)の人間模様が描かれています。

起きる事件といえば、先述した通り、遠藤憲一さん演じるメンデスが出産するシーンですかね(笑)

スポンサーリンク



なんでまた出産するかというと、メンデスはいわゆる「両性具有」で、しかも、相手と額と合わせるだけで妊娠してしまうという性質と持つ宇宙人なんです。

そして誰の子を妊娠したかというと、ノエ(綾瀬はるか)なんです。

え?!ノエはノアの妻なんじゃないの??その通りです。

スペースリフォーム業者であるメンデスは、人妻にも拘わらず、店のリフォームの提案を餌にノエにしつこくつきまとうのですが、ノエに激しく拒絶されてしまい、別れを決意します。
(本当は付き合ってもないのだから、別れるもなにもないんですが・・・笑)

そして別れの挨拶だといって、最後にメンデスとノエは額を合わせます。

この行為によって、遠藤憲一さん、いやメンデスが妊娠してしまうわけなんです(笑)

力技というか、遠藤憲一さんの出産シーンを設けるための無理やり感がかなり出ている感じですが(笑)そういう訳で、あの出産シーンが登場するわけです。

結局、その店にいる全ての人が無事に出産を迎えられるように一致団結して和気あいあいとなり、最後は、ノアとノエが、改めて夫婦としての絆を確かめあうといったエンディングです。

エンディングは、TMレボルーションの西川貴教さんが朗々と歌い上げるシーンでした。さすが見事な歌唱力でしたね。

まとめ


映画「ギャラクシー街道」は、様々な人間(宇宙人)模様が描かれていて、狙いどころは分かるんですが、感想としては、僕的にはあまりツボに入ってきませんでしたね。。。

でも劇場内ではかなり笑いが起きていました。

客層は20代から40代のカップルが多かったように思います。

かくいう僕も女子と観に行ったですが、その子は終始大爆笑していて、映画館を出た後も「面白かったーー♪」を連発していました。

だから、「ギャラクシー街道」はエンタテインメント作品としてはよく出来た作品ということでしょう!
ただ、僕だったら友人とかに強く映画館に観に行くようにはは薦めませんね(笑)

すみません決して映画を批判するわけではないです。個人的な意見だと思って読んで下さいませ。

以上、
映画「ギャラクシー街道」の感想※ネタバレでした!

ここまで読んで頂きましてありがとうございました!

それでは失礼いたします!

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アンフェアTHE End黒幕はなんと??ネタバレあり [映画]

アンフェア THE End見てきました。(注)黒幕ネタバレあり

完結編ということで、一連の黒幕が一体誰なのか?注目大!でした。



一連の黒幕は一体誰だったのか?

一連の黒幕は誰だったのか?はっきりしなかったですね~結局(笑)

永山絢斗演じる「つしま」が、極秘ファイルから解析した会話の声から、雪平の父親を殺した実行犯は、佐藤浩市演じる「一条」だったことが分かりましたね。

そして「一条」に指示を出しているのは、寺田農演じる「村上警視総監」のようです。

雪平は、自分の父親を殺した実行犯が「一条」だと分かり、「一条」を射殺しようとしますが、一度情を通じた仲ということもあり、引き金を引くことができませんでした。

終盤で、「つしま」がまさかの裏切りをし、雪平にピストルを突き付けますが、雪平をずっと援護していた「一条」がここでも雪平を救います。

「一条」が味方なのか、敵なのか最後まで「??」だったんですけど、最後は雪平を守って死んでいきました。

というところから黒幕は、「村上警視総監」だったのか?という線もありますが、「村上警視総監」も息子(山田孝之)とともに殺されています。

黒幕を殺した、別の黒幕がいるということですね(笑)

でもおそらくは、村上親子を殺害したのは、AKIRA演じる「武部」あたりでしょう。

だから結局のところ、総元締めの黒幕って誰だったの?って質問に答えるのってすごく難しいですよね~(笑)

スポンサーリンク



薫ちゃんの立ち位置

加藤雅也演じる薫ちゃんこと「三上薫」は、雪平の味方なのか、敵なのか?

ここも今ひとつ謎でした(笑)

雪平を助けるために身を投じて最後は「武部」サイドに殺されてしまった訳ですから、雪平の味方だったという見方もできます。

しかし、前回の「アンフェア the answer」では、山田孝之演じる「村上」の手下だったことが分かりましたよね。

薫ちゃんの目的は一体なんだったんでしょうか?

警察の不正を暴くことが目的だった「村上」サイドにいたということは、やはり警察の不正を公にして正義を貫きたかったのか?

あるいは、自分の保身しか頭になかったのか?

はっきりとは分かりませんが、両方あるんじゃないかと僕は思います(笑)

基本スタンスは雪平の父親も追っていた警察の闇を暴きたい、だから雪平が、父親殺害犯人を追うことに協力はしてきた。

でも、あんまりヤバいことに立ち入ると、自らの命も危ない、だから、雪平とつかず離れずの距離を保ちながらも、いざとなったら保身に走るつもりだったのではないか。

しかし、ずっと良き相棒だった雪平が真相も知らずに死んでいくことは望まない。せめて、父親の死の真相を知るまでは雪平には死んでほしくなかった。

そのためなら自らの死も辞さない・・・そこまでの覚悟があったのかは疑問ですが、あるいはそうなってもやむを得ないと思っていたのかもしれませんね。

この映画でも数々の人が死にましたが、個人的には薫ちゃんの死が一番切なかったです。。。

スポンサーリンク



まとめ

謎も色々残りましたが、総じて一連のシリーズでもとてもクオリティが高い作品だったと思います。

完結編と呼ぶにふさわしい、ハラハラドキドキの極上ミステリーエンターテイメント作品でした。

冒頭のシーン、雪平のシャワーシーンから始まります。

男性ファン向けサービスカットですよね(笑)

「the answer」では、ベッドシーンで、華奢な後ろ姿がセクシーでしたが、今回も釘づけになりましたね。

篠原涼子さんは、1973年8月13日生まれだから、今年42歳!

とても42歳にはみえない均整の取れたボディでした。。。

ウエストのくびれもとても綺麗で、このシーンだけでも映画館で見る価値大です(笑)

顔のアップもたくさんありましたが、篠原さん本当に美人です。

まったく「劣化」してないです。むしろより洗練されて美しくなってます♡


僕が思うには、というか希望なんですが、「アンフェア The returns」みたいな形でまた雪平が戻ってくるんじゃないでしょうか?!(笑)

だって、完結編といっても謎が残っています。問題は山積みなんですよ~

ですので、フジテレビさん他関係者の方々、「バカかお前は」って言われようが続編希望です!(笑)

篠原さん演じる雪平をまた見せてください!!


以上、
「アンフェアTHE End黒幕はなんと??ネタバレあり」
でした。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました!

それでは失礼いたします!

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アンフェアTHE Endネタバレ予想! [映画]

本日9月5日公開「アンフェアTHE End」のネタバレ・・・というか黒幕予想をしてみたいと思います。シリーズ最後にふさわしいというべき黒幕の正体は・・・

アンフェアエンド.jpg

う~んいったい誰が黒幕なんでしょうかね(笑)


思うに、一番可能性低いのが、阿部サダヲさんが演じる小久保 祐二だと思います。

アンフェア 阿部サダヲ.jpg

理由は、雪平といつも何かと衝突し、自分のミスを押し付けたり、責任をなすりつけたりする、一番雪平と敵対している彼が犯人というのはベタすぎるといいますか・・・ないでしょう。


次に、黒幕候補として、永山絢斗さん演じる津島直紀がネット上でもあげられてるみたいですが、これも黒幕ではないなと踏んでます。

アンフェア 永山.jpg

理由は、ドラマ『アンフェア』では、お兄さんである瑛太さん演じる安藤一之が真犯人だったことから、実の弟がまた真犯人というのもしっくりこないからです(笑)


※そういえば、「めざましテレビ」の軽部アナが、放送前に「犯人は瑛太くんでしたね~」と生放送で言ってしまい、それが的中して、フジテレビに苦情が殺到しネットでも大炎上した事件がありましたね~。「めざましアンフェア事件」と呼ぶらしいです(笑)


というわけで(どんなわけだ?)、シリーズ最後の黒幕としてふさわしいのは・・・

スポンサーリンク




ずばり!加藤雅也さん演じる、かおるちゃんこと三上 薫!!です!

アンフェア かおる.jpg

こうあってほしいという願望です(笑)


雪平が一番信頼していて頼りにしているかおるちゃんが実は黒幕だった・・・
これ雪平にとっても観客にとっても、「えーーーーー!!!まじーーー!!!Σ(゚Д゚)」ではないでしょうか。


かおるちゃんが雪平の父を殺した犯人だった・・・考えただけでも震えます!!(笑)


ただ、そこまでかおるちゃんを悪者にしたくないので、かおるちゃんは雪平の父を誤って殺してしまった、そしてその罪を償うために、雪平のサポートを全力でしていた、雪平のためという気持ちには嘘はなかった、というおまけ付きでいかかでしょうか(笑)


これ自分ではイイ線付いていると思っているのですが、みなさんどう思いますか??

以上、
「アンフェアTHE Endネタバレ予想!」
でした。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました!

それでは失礼いたします!

スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画